ホーム 現在の登山道

現在の登山道

Trail Condition

崩落箇所巻道整備(6月9日登山道整備)

崩落箇所の上部を整備し、巻道を付けました

一の沢の登山道が一部崩落しており通行が困難になっていたため、本日、巻道を付けました。崩落箇所の上を巻いて笹薮の中を歩いてください。写真のとおり笹を刈り整備はしていますが、地面がふかふかだったり、笹が飛び出ていたり、少し急なところもございます。足元十分お気をつけて通行ください。また、歩きずらい箇所のは青いロープを張っていますのでこちらをご活用ください。

一の沢登山道上は雪の上を歩く箇所はございません。最後の水場の雪渓は割れていますので、今しばらく渡渉して頂きますようお願いします。

三股前常念コースの避難小屋上部から常念小屋までの横巻道は、雪渓のトラバースがまだ残っおり、大変危険です。必ず常念岳頂上(八合目分岐)経由で尾根筋を登山してください。下部の樹林帯は雪の踏み抜き等で時間がかかります。十分時間に余裕を持って計画してください。

【長野県警】信州山カード

長野県警察「山岳情報|警察からのアドバイス(信州山カード)」より転載。

常念岳(じょうねんだけ)

大天井岳(おてんしょうだけ)

安全登山のために

縦走をされる場合は、ツェルト・バーナー等の非常用装備の携行をお勧めしています。
夏でも低体温症に陥ることがあります。防寒対策をしっかりしましょう。
山岳保険に加入したうえ、長野県警へ登山計画書の提出をお願いいたします。