アプローチ・コース

入山口までのアプローチ

長野自動車道で首都圏・中京圏・関西方面はじめ全国からのアクセスが快適

  • 高速でお越しの方は長野自動車道安曇野ICが便利です。
  • マイカーご利用の場合は、一の沢林道を進み、終点の手前約500M付近の左手に無料駐車場が用意されています。
  • JRご利用の場合は、JR大糸線の豊科駅、または穂高駅で下車してください。その後、入山口まではタクシーをご利用ください。約30分で一の沢林道の終点です。
  • 安曇野市の主要地点から登山口までのタクシー料金はこちらをご確認ください。【南安タクシー】
  • 東京発着 登山バス「毎日アルペン号」運行!
     下のバナーをクリックするとHPに移動します。↓
     登山バスのご案内。詳細はこちらをクリック
各地からのアクセスマップ

常念小屋までの登山コース

安曇野から常念岳/常念小屋へのメインコースは【@一の沢コース】です。
この「一の沢コース」は、沢沿いのため水の心配いらず。行程約4時間30分(40代一般登山者)の比較的安全なコースで山歩き初心者にもお勧めです。
登山口から常念小屋のある常念乗越までの標高差は、約1200m。常念乗越では、北アルプスの爽やかな風と、常念小屋の赤い屋根の上に槍ヶ岳が出迎えてくれます。
小屋に荷物を置いて、常念岳頂上まで約1時間30分の登り。頂上からは、槍穂高のパノラマが拡がります。頂上から常念小屋まで約1時間の下り。夕焼けは小屋の前、常念乗越でお楽しみください。
【@一の沢コース】の詳しい案内はこちらからご覧ください。

一の沢コース マップ

一の沢コース マップ
【常念周辺登山道見取り図】のダウンロードはこちら

安曇野から常念岳/常念小屋へのもう一つのコースは【A三股前常念コース】です。
この「三股前常念コース」は、三股登山口から樹林帯を標高差1300mを約5時間30分かけて一気に登ります。前常念から常念岳は岩稜帯を約1時間30分。 常念岳から常念小屋までは、約1時間。全行程約8時間(40代一般登山者)の体力のある中級者向けのコースです。朝早く登り始めて、時間に余裕をもって登山してください。
前常念には避難小屋があります。前常念から頂上に向かう岩稜帯は落雷の危険ルートです。悪天候時は避難小屋に避難してください。
また、避難小屋上付近から常念小屋に向かう横巻道がありますが、途中鎖場(ロープ)が3か所あります。体力を消耗したまま横巻道を通行すると滑落の危険があります。前常念から常念小屋に向けての下りには通行しない方が賢明です。 前常念付近で日没になった場合は、避難小屋でのビバークをお勧めします。常念小屋に宿泊予約をしている場合は、携帯電話でご連絡ください。
積雪期には、横巻道(トラバース)は滑落の危険があり通行禁止です。必ず頂上を経由してください。

【B常念岳-蝶ヶ岳縦走】常念小屋から蝶ヶ岳(蝶ヶ岳ヒュッテ)までは、登り下りを繰り返しながら約5時間30分(40代一般登山者)。槍穂高のパノラマを見ながらの縦走路です。
登り下りを繰り返すので、地図上での水平距離から想像するよりも体力を消耗します。常念小屋から蝶ヶ岳ヒュッテまで水場が無いので、水の補給をお忘れなく!
常念岳2857mから、最低鞍部2512mの下りは、花崗岩の石の上を下ります。焦らず慎重に歩いて下さい。
蝶ヶ岳→常念小屋に向かう逆コースですと、ルートの最後、体力を消耗した後に、常念岳の登りと常念小屋まえの下りが待ち構えています。 常念小屋→蝶ヶ岳のコースタイムに1時間程度加算して、約6時間30分の行程で登山計画を立てて下さい。

【C常念岳-大天井岳縦走】常念小屋から大天井岳(大天荘)までは、約3時間半(40代一般登山者)の行程です。始めに常念乗越から横通岳まで約40分を登ります。 横通岳からは東天井岳までは、登り下りの無い広い尾根を、槍ヶ岳を正面に見ながら進みます。
東天井岳からは、二の俣に至る旧道に向かわない様に気を付けて、大天井岳に向けて一気に登ると、大天荘の前の広場に到着です。大天荘は6月中旬からの営業ですので、営業期間をご確認ください。
大天井岳では、西岳・東鎌尾根・槍ヶ岳に向かう登山道と、燕岳に向かう登山道が分岐します。
燕岳への積雪期には、大天荘から切通し岩に向かう横巻道(トラバース)は滑落の危険があり通行禁止です。必ず大天井岳頂上を経由してください。